« 友人を尋ねて | トップページ | カリグラフィーが美しい松田圭子さんの2冊の本 »

2018年3月29日 (木)

モノクロ?の美しさに溢れた写真集「黒白寺社」

 私の出版社から昨年刊行した写真集「黒白寺社」は、スミ1色なのに雲の色など陰影がよく出ていると、書店員から褒められた本です。実は、この写真集はカラー印刷で刷られています。少し専門的になりますが高精細印刷というアミ点に工夫した方式に4色で刷ったもので、黒い色も漆黒からグレーまで異なる色となっています。

 撮影者の関 藤清さんは中国人で、日本全国の寺院、神社98ヶ所を訪れて撮影されました。2005年から12年間にわたって撮影したもので、それぞれの建物に魂を感じたと言っています。感じた魂をどう表現されているか、この写真集を手にとって皆さんに確かめていただければ幸いです。
 関さんは中国で最初の漫画グループを創設したり、作曲家としても知られる異色の芸術家です。昨年、六本木に清アートという画廊を開設しました。ここでは中国人の個展を中心に斬新な作品を展示しています。こちらにも、ぜひ訪れてみて下さい。清アートのTELは03-6432-9535 www.kiyoshiart,comです。

« 友人を尋ねて | トップページ | カリグラフィーが美しい松田圭子さんの2冊の本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 友人を尋ねて | トップページ | カリグラフィーが美しい松田圭子さんの2冊の本 »