« 「火垂るの墓」再放映決定に思う | トップページ | 銀座はやっぱり日本の一等地 »

2018年4月15日 (日)

呂娟さんの個展に行きました

 昨日、KIYOSHI ART SPACEで開催されている中国人の画家、呂娟さんの絵を観てきました。KIYOSHI ART SPACEは「黒白寺社」(さんこう社から出版した写真集)の関藤清さんが六本木でやっている画廊で、中国人を始め世界の気鋭な芸術家の作品を展示しています。

 今回の呂娟さんは1990年に日本に留学し、水墨画、彩墨画、岩彩画等を学び、30年近く日本で活躍しています。「花曇」と題された個展は全ての作品が桜を描いています。桜は中国では、あまり画材となることはないそうです。日本で長年勉強してきたことから、呂娟さんの桜に対するイメージが開花されたのでしょう。
 独特な幹の形と散りばめられた桜に、バックの白が印象的でした。水墨画に込められた呂娟さんの思いが強く感じられる世界で、ぜひ多くの人に観て欲しいと思います。
 KIYOSHI ART SPACEは11:00~19:00まで開館。月曜日と祝日が休み。TEL03-6432-9535
info@kiyoshi-art.com です。

« 「火垂るの墓」再放映決定に思う | トップページ | 銀座はやっぱり日本の一等地 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「火垂るの墓」再放映決定に思う | トップページ | 銀座はやっぱり日本の一等地 »